チュートリアル:After Effectsで極座標を使用する

After Effectsで極座標を使用する方法をご紹介します。

このAfter Effectsレッスンでは、彼の作品の一つである「Ora Prophecy」のエフェクトを再現します。 始める前に、リソースタブでそれを覗いてみてください。 あまり知られていない「Polar Coordinates」エフェクトの使い方を学びます。少し奇妙な名前ですが、一度このエフェクトがどんなものか見てみるとこのレッスンでは、アニメーションを作成し、いくつかの表現を使い、コンポジターのように考えて、オリジナルのGMunk作品で何が起こっているのかを正確に把握します。 このレッスンを終える頃には、たくさんの新しいトリックを身に付けていることでしょう。

{鉛マグネット}}

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

チュートリアル全文掲載 👇。

音楽(00:00)。

[イントロミュージック]

ジョーイ・コレンマン(00:21)です。

今日は、School of Motionのジョーイです。このレッスンのプロジェクトファイルを入手できます アフターエフェクトに飛び込んで始めましょう このビデオの目的は極座標エフェクトを紹介することです 最終的には私が作成したレンダーは、ちょっとやりすぎましたね。

ジョーイ・コレンマン(01:12)です。

そして、私がどのようにこの小さな部分を作ったかをお見せすることはできません。 もし、あなたが興味をお持ちなら、コメントで教えてください。 なぜなら、あなたが見ているものはすべて、シネマ4Dの効果音の使い方や音声で反応するものを作る方法についての無料の情報があります。 私がこの中でお見せしたいのは、次のようなものです。チュートリアルはこのトンネルの作り方です 回転する3Dの無限トンネルです 実は思ったよりずっと簡単です Gモンクの作品をお見せします Gモンクだけではありません 彼は多くの人と一緒に作ったのでしょうが 彼は最近この作品を作りました この部分を見てください このトンネルです 本当に素晴らしいものがたくさんあるんですしかし、このトンネル、このクールなハイテク、トロン風のトンネルは、私が再現したかったものです。

ジョーイ・コレンマン(02:11)。

極座標を使うには良い方法だと思いました 実際、最終的にはその使い方を皆さんにお見せすることになります 事実を追って説明しましょう まず、この効果が何をするのかをお見せします 非常に簡単なレベルです 新しいコンプを作ります テストと呼びましょう よし、この効果が最も簡単なレベルで行うことは、そう、私はただ大きなカンプ全体を横切る水平線 調整レイヤーを追加し 極座標効果を追加します 極座標には2つのオプションがあります 変換の種類と解釈です 相互関係は効果の強さです もしこれを矩形から極に設定し 強さを上げると すべての矩形が極になりますをクリックすると、その機能がわかります。

ジョーイ・コレンマン(03:06)です。

直線的なものを円形に曲げるのです これがその効果です 不思議に思うかもしれませんが なぜそれが役に立つのでしょう? この後チュートリアルを消したいのなら これですべてがわかるかもしれません よし この線をここに置くとしたら 実はもっといい考えがあります もっと上に置いてみよう 実際に動かしてみるんだフレームから外すのです よし、Yの位置にキーフレームを置き 1秒前に移動させましょう それでいい これを再生するとアニメーションが起こります 非常にシンプルです 極座標の強さを100まで上げて再生すると どうでしょう レイヤーの縦の動きを取り込んでいるのですで、それをラジアルモーションに変えているのです。

ジョーイ・コレンマン(04:03)です。

だからこの効果はとてもクールなのです では、トンネルをどのように作ったかをお見せしますが、その前に、この効果の他の使い方をもう少し理解していただきたいと思います。 もちろん、ここでは表面を削っただけですが、実際には他にもとてもクールなことができます。 まず、調整レイヤーをオフにしてみましょう。シェイプレイヤーを削除してください この例を皆さんにお見せします うまくいけば、あなた自身のクールな実験のアイデアを得ることができます この効果を使って、何ができるか見てみましょう ここに星があります これからすることは、矩形から極に変換する代わりに、極から矩形とすることです。

ジョーイ・コレンマン(04:47)です。

円や星のような放射状のものを、歪みをなくして、ラップされていない直線状のものにします。 この調整レイヤーを元に戻して、強度を下げます。 どうなるかわかりますね。 奇妙なワープをして、最終的にこのようになりますね。なぜそれが便利かというと、円形のアートワークなど、放射状の対称性を持つものがあれば便利です。 極座標を使って、ラップされていない長方形のバージョンを作ることができます。 そしてそれに他のことをすることができます。 例えば、ベネチアンのような単純な効果を作るとしたらどうでしょう。は、時々役に立つエフェクトで、使ったことがなければ、基本的に映像に小さなカットをたくさん入れて、カットの角度をコントロールしたり、基本的に白を入れたり消したりするのに使うんだ。

ジョーイ・コレンマン(05:54)です。

面白いのは 今のこの効果ですが 特別なものには見えません トリックは基本的に極座標を使ってラップを解除し それに影響を与えます そして再び極座標を使って元の極座標に戻りますね 最初に極から直方体にし それに影響を与え 今度は直方体から極にします そしてこれははあまり面白くなさそうです 今度は星から放射状に線が伸びています ズームして休んでみましょう これは本当に見えますが、面白い表情が見えてきましたね? 方向をいじり始めると、今度は渦巻き状のワイプになります これは実はかなり厄介なんです あー、これらの幅を上げてみましょう。を少し大きくして、方向を調整すれば、継ぎ目のない素敵なものができあがります。

ジョーイ・コレンマン(06:50)です。

これで実際に螺旋状に動くワイプが出来上がりました さて、これは実際にやるにはかなり厄介なものです もし、このタイプのワイプを作りたいなら、ええと、でも、これはちょっとしたコツで、もっと便利なことにも使えるかもしれません あー、ちょっとこれを消しておきますね もし、あの星を歪ませたいなら、ええと、ですが放射状に歪ませます 乱流変位を使って 垂直変位に設定します サイズを小さくして量を増やします 同じトラックを使ってください さて、次に、この進化を変えると、わかりますか ノイズが発生しますこのオブジェクトの中心から出たり入ったりする歪み。

ジョーイ・コレンマン(07:51)です。

このような使い方ができるのです これは本当にクールな例です 実は最近 アンドリュー・クレイマーのチュートリアルを見て このアイデアを得ました 彼は極座標を使って クールな爆発を作っています 約束します アンドリュー もしあなたが見ていたら このチュートリアルのアイデアをあなたから盗んだのではありません あなたがたまたまやっただけですを作成するのと同時に行いました そうです、塗りつぶしをオフにして、ストロークを少し上げたいのです よし、これは面白いでしょう? なぜなら、この効果をちょっとだけオフにしてみましょう。 円ができましたが、極座標を使って線に戻してみましょう さて、なぜそんなことをしたいのでしょうか?

ジョーイ・コレンマン(08:36)です。

バカバカしいですね 乱流変位が使えるようになりましたね 他のものに変えてみましょう ねじれとかね 進化をアニメーション化すると こんな感じになりますね もっといいのは 乱流を設定すると 形の中を動いているように見えますね この効果は放射状には働きません これは?は直線的に動作します このトリックを使って 極座標の間に効果を挟み込むと 何ができるかというと 乱流をオフセットすると 放射状になります まるで星のようです あるいは星のコロナのようです ここで素早くキーフレームを入れてみましょう 乱流をオフセットして 1秒前に進みますとを少し外側に移動させます。

ジョーイ・コレンマン(09:27)です。

次にこれをプレビューしてみましょう これはかなり気の利いた小技です もっと事実を重ねたり 別のことをすることも可能です でもこれで極座標を使うことの威力がわかると思います 線形の方法でやっても ラジオに変換することができるのですこの素晴らしいGモンクの作品を どうやってコピーしたのか ヒントが得られたと思います もう一度見てみましょう 正確にコピーしたわけではありません レイヤーがたくさんあります いろいろなことが行われています もう一度強調したいのは この作品の素晴らしさは このトリックを使って作ったという事実ではないことです

ジョーイ・コレンマン(10:08)です。

明らかにデザインとサウンドデザインです 特にこの作品が与える雰囲気は重要です そのどれもが、どんな効果を使ったかとは関係なく その背後にある考え方とアートディレクションに関係しています だから、私はそれを強調したいのです 私にとって大きなことですが、それが重要であることを決して忘れないでください でも、見てください。このデザインでは、たくさんの線が直角に動いていますね そう、ランダムに、ちょっと出て、曲がって、戻って、こっちに曲がります たまに、ここに小さな領域があって、それが囲われるような感じです 作品が進むにつれて、これもまたちょっと見えてきますに戻る。

ジョーイ・コレンマン(10:52)です。

横からのアングルも見てください この小さな形が塗りつぶされることもあります 透明度が少し低く見えることもあります この部分もとてもクールです 素晴らしいので見てください よし 私がやりたかったのは、イラストレーターなどに頼ることなく アフターエフェクトでこれを作れるかどうかということですこのようなものはすべて After Effects で作成します。 もし、カンプの中心から放射状に広がるものを作りたいなら、フレームの上部から始めて下に移動させる必要があります。 これが、極座標効果を使用して外側に向かう動きを得る方法です。

ジョーイ・コレンマン(11:38)です。

まず最初にアートワークを作成します このカンプをもっと長く、もっと高くします図形を下に動かしてたくさん作りたいからです この小さなカンプだけなら 1920 x 10 80 の代わりに 1920 x 6,000 くらいにします よし、これでこの素敵な背の高いカンプ、よし、では下に来てみましょう。 このシェイプを簡単に作りたいので、2つのことをします。 1つは、アフターエフェクトでグリッドをオンにすることです。 グリッドを表示するには、ビューに進みます。 私はいつもホットキーを使います。 コマンド・アポストロフィ、グリッドを表示させます。

ジョーイ・コレンマン(12:25)。

次に、グリッドにスナップがオンになっていることを確認する必要があります。 そうでない場合は、実際にこれらのものを作成するのに役立ちません。 さて、私は新しくペンツールに切り替え、ここでTildaキーを押します。 Tildaキーが何かわからない場合は、キーボードの最上段にある、すべてのキーと一緒にある、その隣の小さなキーです。をクリックすると最大化されます。 ここでズームインして図形を操作する場合は、この方法が便利です。

ジョーイ・コレンマン(13分05秒)。

塗りつぶさないようにしたいのです 塗りつぶしという文字をクリックしてください ストロークのアイコンをクリックしてください 色は白でいいです 白にします 太さはまだはっきりしませんが とりあえず5にしてください よし まずこの図形を一つ描いてみましょう よし そのままこれを開いて参照できるようにします よし、良いフレームを見つけたぞ これが良いフレームだ よし、あとは縦線の束だ たまに右や左に曲がることがあるが 事実を追認しよう ここから始めて、そこに点を置く そしてグリッドへのスナップがオンになっているので、実際にできるのだを使うと、かなり早くなります。

ジョーイ・コレンマン(13分52秒)。

これをここに戻し、ここに来て、このようにポップアップします 見ての通り、そんなに時間はかかりません よし、次は別の線を引きたいと思います そこで、Vキーを押して矢印に戻し、この外のどこかをクリックして 選択を解除します そう、もっと早い方法は、選択解除ですシフト、コマンド a を押すと、すべての選択が解除されます。 コマンド a はすべて選択、シフト コマンド day はすべて解除です。 次に、もう一度ペンツールを押すと、G キーとキーボードですが、皆さんはこれらのホットキーを覚えるべきです。 本当に速くなります。 さて、別の図形を作成できます。 よし、これはここから始まるかもしれませんね。

ジョーイ・コレンマン(14分43秒)。

次にこれをお見せします 少し失敗しました クリックして少しドラッグしたところ この点のベジェハンドルが少し引き出されました これは問題です この点をこのように引き寄せると 実際には少し曲がっています 少しカーブしています これは不要です そこで取り消しを押します これで完了です一つ注意しなければならないのは、ポイントをクリックするとき、クリックするだけで、クリック&ドラッグはしないことです。 曲線ができないように。 さて、ここをクリックして、ここをクリックして、多分こんな風に降りてくるでしょう。 ここでは何のルールも守っていません。 ただ、Gモンの精神に似たものを作ろうとしているだけです。 よし、ソノマ、ド-ズ。もう一個作ってみよう。 よし、次はこっちだ。

ジョーイ・コレンマン(15分38秒)。

そうです 次にやりたいことは これらのものを取り出します すべてを選択解除するのを忘れていました そうです 次にやりたいことは これらのもののために小さなキャップを作ります よし、一つを選択解除します そしてこのように小さな領域を作ります このように形を埋めます よし、すべて選択しますか?そしてここにもっと太いのを入れます よし、それからこっちの線も入れます よし、それからこことここに線を入れて終わりです よし、全部を選択解除して、そしてここに一つ入れます クールです さて、アポストロフィのコマンドを押すと、ここにデザインが見えます 美しいです 次にやりたいことは、何度も複製することです。ですから、このような複雑な設定をする必要はありません。 簡単な方法は、あらかじめ構成しておいたものをすべて選択して、このシェイプを呼び出すだけです。 ああ、ひとつ。

ジョーイ・コレンマン(17分01秒)。

この男をこのように移動させ、複製します ここに来て、この線を出来るだけ並べます そして、この男を少し下に移動させます なぜこうするかというと、何度も複製していることを隠すためです 混ぜてみましょう、あなたは?そしてこれをマイナス100に拡大します 水平方向です そうすると鏡像になりますね 実際少し違って見えます これはこんな風に拡大できます よし、これで使えるブロックができました うーん、じゃあこれをもっと拡大して複製してみましょうか?

ジョーイ・コレンマン(17分53秒)。

キーボードでなでたり 拡大したりしていますが 完璧にはなりません 完璧にするのに時間をかけないといけませんが 私はあまり得意ではありません せっかちなので このプリセット全体をシェイプ2と呼ぶことにします これを複製してこのように表示します よろしいでしょうか?ここに小さな穴があるので、もう一度複製して、これをこのように持ってきて、穴を埋めるように配置します。 ここは少し重なりすぎています。 そこで、その部分をマスクして、質量を減算に設定し、マスクを調整することができます。

ジョーイ・コレンマン(18分49秒)。

必要な場所だけ表示されます よし、よし、少し上に移動して、ポイントを掴みます クール、あなたにもこれがいかに早く出来るか分かるといいですね つまり、もしあなたが実際にお金を払うクライアントのためにやっているならば 完璧にするために時間をかけたいでしょう でも、もしあなたがただ遊んでいるだけなら、あるいはただ試しているだけならそうですね、ただカッコイイものを作ろうと思っても、これが動いていると、この小さな矛盾に誰も気づかないでしょう。 カッコイイですね。 よし、ではもう1回、この全体を複製してみましょうか。

ジョーイ・コレンマン(19分34秒)。

3つ複製して、ここに持ってくる 簡単のために、この上の部分をマスクして、それを引いて、複製する これで、上に持ってくることができる そうだ、そうだ あと1つ複製すれば、かなり良くなる よし、これで本当に面白い設定ができたぞ 次にすることはで、もう一度 Tilda キーを押してズームインします。 そして今度は、矩形を選択します。

ジョーイ・コレンマン(20分33秒)。

塗りをフルフィルにしてストロークをゼロにします 拡大してグリッドを元に戻すことができます でもこの時点では役に立たないかもしれません 線を手で配置しているので、その多くがグリッドに沿わなくなっているのがわかります だから気にしないことにしましょう スナップをオフにしますグリッドが表示されないので、これでOKです。 次に、長方形ツールを使って、手早く、ある程度任意に、あまり大きな塗りつぶし部分を作らないようにします。 しかし、時には、あの部分が欲しい、この部分が欲しいと思うこともあります。

ジョーイ・コレンマン(21分26秒)。

何度もやってみます チュートリアルのためにこれをやった時 たぶん15分から20分くらいかけて デザインを作り これを記入しました もう少し早くやろうと思っています 皆さんが見るのがどんなに退屈か分かっているからです でも一つ期待していることがあります それを元に戻してみましょう あなたが得ることを期待していることの一つです新しい技を身につけることに加えて、いかに早く物事を完了させるか、アフターエフェクト、そして要素の制作について考えすぎないことです。 私は、大きなチームがいる仕事をしたことがあります。 そのため、結局は全員を仕事に取り込む方法を見つけようとするのです。

ジョーイ・コレンマン(22分18秒)。

デザイナーがイラストレーターで作成したものを、アフターエフェクトに取り込んで、微調整する必要があるかもしれません。 このようなことをするときは、恐れずに、「私はアフターエフェクトでできますから、他の人は必要ありません。この種のものの多くは非常に迅速に行うことができます よろしい、これはかなりクールです 今はこのままにしておいて、実際に何ができるかを考えてみましょう よろしい、そして一つ気づいてほしいのですが、これらの図形を作るときに、すべての選択を解除しなかったので、すべての図形が一つのシェイプレイヤーに配置されました。というのは、これはこれでいいんです、悩むことはないんです。

ジョーイ・コレンマン(23分05秒)。

このソリッドに名前を付けます 複製して、元に戻せるか確認します うまくいきそうです そうすると、このレイヤー全体を 通して作る必要がなくなります よし、クールです いくつかの領域が埋まりました 線もできました かなり速くできました よし、これは今このカンプの名前を変えましょう トンネルフラットとします よろしい、ではここに新しいカンプを作りましょう 私たちはとても気を使っているのです ほら、そうです これがトンネルフラットレイヤーです 次にすることは新しいカンプを作りましょう これは極カンプとします さて、ここですることは、まず1920×10 80にすることです。

ジョーイ・コレンマン(24分03秒)。

こうするとどうなるかお見せしましょう トンネルフラットカンプをここにドラッグしてみましょう よし、上下を反転させましょう 上下を反転させる必要があるのは、これがマイナス100でなければならないからです 極座標効果を正しく働かせ、これがこちらに向かってくるトンネルのように見えるためには、上下が逆でなければならないからです。レイヤーは下に移動する必要があります 下から上に設計したので、実はこのように移動するときは逆にすればいいのです よし、ではまずこの位置プロパティを開いてみましょう Pを押してください 私はいつも寸法を分けています 位置のために接続したままにすることはほとんどありません Yにキーフレームを置いて、これをフレームの外に移動させましょうであれば、前に進みます。

ジョーイ・コレンマン(24分57秒)。

カンプの長さは10秒です このようにずっと動かしてみましょう どのくらい速く動くか見てみましょう そうですね 速すぎるかもしれませんが 見てみましょう よし これで完成です 最後に調整レイヤーを追加して 極座標効果を追加します 極座を歪める デフォルトでは極座を長方形に切り替えてください長方形を極座標に切り替え 補間を大きくする必要があります さてプレビューしてみると こんな感じです 無限大のような、つまりこれです Gモンクと同じような感じですね あーわかりました 明らかにいくつか問題があります 一つは効果です カンプと同じ高さの円しか作れないんですね

ジョーイ・コレンマン(25分57秒)。

チュートリアルのために作ったビデオでやったことは、幅と高さを1920に設定したことです。 それから、調整レイヤーをカンプと同じサイズにします。 そのための設定を開いたところです。ところで、ホットキーは、シフトコマンドがわからない場合は、Yは固体の設定を開きます。そして、カンプサイズを作るを押して、そのサイズにしますカンプのサイズに合わせて拡大縮小します。 これでカンプのサイズに合わせたトンネルができます。 これから何が起こるかお見せします。 極カンプを取って新しいカンプを作り、これが最後のトンネルカンプとなります。 このカンプは1920×10 80になります。

ジョーイ・コレンマン(26分50秒)。

これがレンダリング元となる通常のカンプです そして極座標カンプをここに入れます そうです もう少しで十分な大きさになりますが まだ十分ではありません それでもいいのです 私は最初からわかっていましたから 最終的には多くの効果やレイヤーがここで起きているのですからのようなもので、それを隠そうと思えば隠せます。 結局、この全体の上に調整レイヤーを置きました。 私はよくそうします。 調整レイヤーで全体に影響を与え、オンとオフを簡単にします。 しかし、私は光学補正という別の歪み効果を使いました。 これは、魚礁や、もしあなたがただそのようなものを作れば、それをシミュレーションするようなものです。をつけたまま視野を広げると、広角レンズのような感じになります。

ジョーイ・コレンマン(27分45秒)。

あるいは逆レンズディストーションもできますね 実際に、カンプの端を少し吸い出して、レンズディストーションを少し与えます それが私がやりたかったことです では、ポーラーコンプの開始時間をそこに引き寄せたらどうでしょう もっといいのは、ポーラーコンプに入り、Y位置をすでに遠いところから始めるようにしてはどうでしょう?トンネルの端に届くくらいです さて、最終トンネルを見ると、半分のラズにいます ラム・プレビューを素早くやって、この速さを実感してください クールですね 次に、この始まりが見えますね そしてそれは無限に広がっていきます クールかもしれませんね

ジョーイ・コレンマン(28分35秒)。

Gモンクの作品を見ると、かなり奥まで入っていますが、そこにははっきりとした穴があります。 さて、実際にこの作品を作るために極座標を使ったかどうかはわかりませんが、それをごまかすには、簡単なトリックがあります。 ここで極座標コンプに行くだけです。 この調整レイヤーを少しオフにしましょう。 極座標効果の働きは、正しいのですね?フレームの上部が円の中心です。 円の端と円の中心は、つまり、このフレームの上部は、レイヤーの円形バージョンの中心に相関しています。 この外側の部分は、実際には、カンプの中央に位置しています。 極座標効果では、フレームのこの下部は使用されないのですね。

ジョーイ・コレンマン(29分32秒)。

そこで、正しい部分をマスクして、真ん中が丸くなるようにします よろしい、真ん中のコアはフレームの上部に相当するので、この部分をマスクする必要があります そこで、ここにマットレイヤーを作成します よろしい、新しいベタにします 通常マットはタイムライン上で明るい色にして、区別できるようにしますマスクツールでこの部分をマスクして、そのマスクをフェザーにして、マスクを反転させます。 すみません、間違ってました。

ジョーイ・コレンマン(30分12秒)。

そうです、そうです、そうしてください いや、反転してました このレイヤーをアルファベットとして使うように言ってください そうです、これがアルファマットとして使っているマットレイヤーです この部分が見えませんね 透明度グリッドをオンにすると、ちょっと厳しいですが、情報がないのがわかりますね それで極座標の調整に戻ると、今度はそこからトンネルが 発生しています マスクをもっとフェザリングして調整できます 必要なら、これがどのくらい下に来るかも調整できます トンネルが実際に始まる場所に影響します よし、では最終段階に進みましょう クールです これでどこかに到達し始めました さて、塊を遠くに動かしすぎたので中央のちょっとだけ

ジョーイ・コレンマン(31分10秒)。

調整レイヤーに極座標があると便利です すばやくオン・オフできるからです もし何か失敗があったら 私のように このマスクとこれを調整する必要があります そしてこれはもっと引き出す必要があります そうです ではオンに戻してここに来てください もう大丈夫です よし では次の部分ですトンネルがもう少し立体的に見えるようにします。 トンネルを移動している感覚はありますが、あまり立体的に感じません。 非常に平面的で、それはそれでクールかもしれません。 しかし、もう少し奥行きがあるように感じたいなら、そのような場合は、少し視差が必要なのです。

ジョーイ・コレンマン(31分58秒)。

トンネルの一部がゆっくり動き トンネルの一部が速く動いているのが分かります 私がやったのは簡単な方法です ちょっと調整レイヤーをオフにしてみましょう あ、すみません 間違えた、調整レイヤーをオフにしてください すみません 私がやったのは まず設定を少し変えて簡単にします このレイヤーをオフにします 今はありませんこのレイヤーをマットとして使うのを止めます このレイヤーを再びオンにして、モードを「強度のアルファ」にします このレイヤーを、その下にある全てのレイヤーのアルファチャンネルとして使います なぜそうしたいかというと、このレイヤーを複製するからです よし、複製して実際に3Dレイヤーを作成し、それを後方に押してZにします。 さて、そうしたからには、最初のY位置を調整する必要があります。

ジョーイ・コレンマン(33分09秒)。

しかし、前のレイヤーより動きが遅いのが分かりますね 距離が離れているからです 手早く、汚い方法ですが 不透明度を50%にします さて、これを上にずらします 違った色にして、区別できるようにします それから複製して、これを上にずらします これで、このレイヤーはをフレーム全体に適用します。 これで、1つのレイヤーの視差ができました。 上を見ると、調整レイヤーをオンに戻して、ここにポップオーバーします。 そうすることで、トンネルがより立体的になったのがわかると思います。

ジョーイ・コレンマン(33分58秒)。

もう一つ、トンネルのようなフィールドで、本当に役に立ったのは、これを少し回転させることでした。 これは本当に簡単でした。このカンプを回転させるだけでいいのですが、私がやった方法は、調整レイヤーで別の効果を使いました。 Distort transformを使って、その上に式を置きました。rotationは回転し続けることです これはいつも使う表現です optionキーを押しながら rotationのストップウォッチをクリックします 赤くなるのがわかりますね これで式を入力することができます 式は時間の倍数と好きな数字だけです では時間の50倍を試してみましょう ラムプレビューをしてみることにします

ジョーイ・コレンマン(34分51秒)。

速すぎる感じです では時間を15倍にしたらどうでしょう よし、では最終段階へ行きましょう このような素晴らしいものがあります トンネルに向かって漂っているのです そしてそれは私たちに迫ってきます とてもきれいに見えます すべてがクールです それから、もう少しきれいにするために、あるいはこれをオフにして もう1層やってはどうでしょう?これを複製し、色を変えて、これを2000に戻します。 そして、ここに飛び出し、これを押し出して、その動きの速さを確かめましょう。

ジョーイ・コレンマン(35分43秒)。

Yの位置を少し変えると動きが遅くなりますね よし、じゃあこれを複製して押し出してみましょうか、非常に不正確なんですが、今は忙しいので、いろいろとやってますね 実際、うまくいきましたね よし、これで完成です。 調整レイヤーをオンにして、最終版に戻ると.........。このように、非常に複雑で、数層の視差があり、3Dトンネルのような感じがします。 さて、これを見てください。 一つ目に飛び込んでくるのは、すべてが本当にがっしりしている感じです。 これは私が目指していたものではありません。は、非常に薄いものを作る。

ジョーイ・コレンマン(36分48秒)。

ではやってみましょう この設定の素晴らしいところは、すべてAfter Effectsで行われることです ですから、カンプに戻って、ここに飛び込んでみましょう ええと、ラインカンプに戻って、そこに埋まっている元の図形を見つければいいんです そうです。 この小さな設定からすべてが構築されています。 これをすべて選択して、それを変更するだけでいいんですストロークから2へ よし、では最終的なコンプに飛びます かなり良くなりました よし、これは半分REZです 少し劣化していますが、全てが薄く見えるのが気に入っています よし、次に私がやったことですが、ここで少しプラムプレビューしてみましょう。

ジョーイ・コレンマン(37分34秒)。

パネルの明るさにもう少しランダム性を持たせたいのです 均一すぎると感じたからです そうか これはもうかなりクールな感じで、単体でも使えそうですが、グリッチでアナログでクレイジーな感じがしないのです そこでもう少しやってみたものをお見せします トンネルコンプに戻ったらこのソリッドはすべて、実は、この3つのシェイプレイヤーからできています。 そこで、これらをプリキャンプして、これをソリッドシェイプレイヤーと呼ぶことにします。 よし、この巨大な、1920×6000サイズの新しいソリッドを作るぞ。 そして、フラクタルノイズ効果を使うことにしよう。

ジョーイ・コレンマン(38分28秒)。

フラクタルノイズに馴染みがなくても大丈夫です チュートリアルがありますよ 30日後の弓のフラクタルノイズの効果についてです 2つあるかもしれませんね もっと詳しく知ることができますよ でもフラクタルノイズはランダムな形やノイズを生成するのに最適です それにとてもクールな設定があります ノイズのタイプを2つ変えると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。ブロックです 見にくいかもしれませんが 少し拡大してみましょう ピクセルに似てきましたが まだ多くのノイズと静的なものがあります これらのものは実はサブノイズです フラクタルノイズには2つのレベルがあります メインレベルとサブレベルです サブレベルではの影響は、この下のサブ設定にある、ゼロにします。

ジョーイ・コレンマン(39分20秒)。

このようにピクセルのようなパターンができあがりました クールですね これを閉じます このように拡大します この効果で何ができるかというと これの進化をアニメーション化すると クールなピクセルのようなパターンができます そうです このピクセルでノイズも動かせます そこで2つのことをします 1つは同じものを置きます回転の進化を表現します オプションをクリックし タイムを入力します 100で試してみてください よし これで時間の経過とともに 少しだけ変化させることができます あまりおかしなことはしません 次にやることは 乱流をオフセットすることです このようにオフセットします 垂直にオフセットします よし それでどうするかというとここにキーフレームを置きます 最後にホップして このようにアニメートします どんな速度になるか見てみましょう よし もう少し速くしたいかもしれません この値を少し大きくしてみましょう ラムのプレビューを素早くします よし もう少し速くしましょう

ジョーイ・コレンマン(40分45秒)。

クールですね では次に フラクタルノイズを使って作った クールなアニメーションのパターンを ソリッドシェイプレイヤーのルナマットとして使いたいと思います そうです ソリッドシェイプはここですね ソリッドシェイプレイヤーに ルナマットとしてクールなフラクタルノイズを 使うように指示します さてこれを見ると このようなクールなパターンが得られますねその中を動き回るのです よし、コンプの間ずっとアニメーションし続けるのです よし、ちょっとクールな感じになりますね もしそうしたいのなら、もっとランダムにする方法はたくさんあります クールかもしれませんね あの、私ができることは、これらの図形の透明度に表情をつけることかもしれません。

ジョーイ・コレンマン(41分35秒)。

そこで、チラチラさせることもできるかもしれません 不透明度を70%くらいにして、「wiggle」という簡単なエクスプレッションを入れてみましょう エクスプレッションに慣れていない方は、エクスプレッション入門のビデオをご覧ください サイトにあります。 このビデオの中でリンクします。説明文の中のコンです。しかし、このようなことを行う能力を本当に速くするために、式を使う新しい方法があります。 これから言うのは、これをくねらせるのはどうでしょう、 うーん、毎秒10回、最大20回まで。 よし、プレビューを実行すると、少しちらつくのがわかります。 もっと実際にちらつかせたい場合は、それを変更できます。

ジョーイ・コレンマン(42分21秒)。

2番目の数字は揺れの強さのようなものです OK、クールですね 今見ると、こうすればよかったと思うことがあります すべてのシェイプをそれぞれのレイヤーに置いて、別々に点滅させることができればよかったと でも、生きて学ぶものですね よし、これでラインを元に戻せますね これがあなたの手にするものです。これがチェーンを通して最終的なトンネルコンプに送られます よし、これでクールで複雑でリッチな感じがたくさん出てきましたね いろいろありますね 正直言って、今見るとこの線はもっと細くしたいですね これを1ピクセルに設定するかもしれませんね

ジョーイ・コレンマン(43分09秒)。

半分に切ってここに降りてきてください 少しずんぐりとした感じになりますが レンダリング時間がとんでもないことにならないようにしたいんです ええと、かっこいいですね つまり、基本的にはこうやってトンネルを作りました もちろん合成もしました 中央を何もない状態にすることはできません だからこんなおかしなものを作りました シネマ4Dを使ったんですGモンクを何度も見ているうちに、音楽に合わせてクールなパルスが発生することに気づきました。 レンズフレアで得られる虹の輪のようなものです。 それを利用して、色収差と周辺光量落ちを補正し、レンズを使って偽の被写界深度を作りました。をグラデーションでぼかします。

ジョーイ・コレンマン(44分01秒)。

もし、このチュートリアルの中で、私がどうやったのか、本当に知りたいことがあれば、コメントで聞いてください。 私はいつも、新しいチュートリアルや、皆さんに教える新しいことを探しているからです。 そして、一つのチュートリアルに多くを投げ出したくありません。 今回はトンネルの部分に焦点を当てています。 でも、残りの部分は、将来のチュートリアルにふさわしいものなんですよ。ということで、ここで終わりにしたいと思います。 これがお役に立ち、このエフェクトに対する新しい評価を得ていただければ幸いです。 変な名前だし、設定も2つしかないし、そんなの役に立つわけがないと思われるでしょうが、このおかしなものを見てください。一緒に20分から30分かけて、すべてアフターエフェクトで作ったものです。イラストレーターもなければ、サードパーティのプラグインもない。

ジョーイ・コレンマン(44分56秒)。

これを使って面白い電波を作ることができますし、極座標の中にエフェクトを入れて重ね、別の極座標を使って歪みをなくせば、本当に面白いものができます。 とにかく、お役に立てたでしょうか? ありがとうございました。次回の30話をお楽しみにAfter Effectsの日です。 また後でお話ししましょう。 ご視聴ありがとうございました。 クールでしたか? そして、あまり知られていない極座標効果について新しいことを学んでいただけましたか? このテクニックをプロジェクトで使用された方は、ぜひschool of motionのTwitterで声をかけてください。 どうもありがとうございました。次の1つです。

トップへスクロール