Premiere Proで動画編集を高速に行うためのツールトップ5

5つのビデオ編集ツールでPremiere Proのワークフローを加速させる

Adobe Premiere Proは、映画、テレビ、Web用の世界的なビデオ編集ソフトウェアですが、多くのモーションデザイナーと同じように、使ったことがありません。

ビデオ編集者にお任せください と、あなたは思ったはずです。

さて、もしそれができたらどうでしょう 何れも もちろん、Premiere Proではありません。 めす しかし、適切な指導を受ければ、自分でビデオを編集できるようになる可能性もあります。 でございます の互換性があります。

そこで、スクール・オブ・モーションとインストラクターのジェイク・バートレットが登場します。

ジェイクが教える エクスプリナーキャンプ Photoshop + Illustrator Unleashed コカ・コーラ、Twitter、Skypeでも仕事をし、ネット上で多くのファンを持ち、アニメーションのあらゆる側面を知っている。

今日のチュートリアル Jakeは、Premiere Proで最も実用的で便利なビデオ編集ツールを5つ紹介し、その過程でインターフェイスの多くを紹介します。

Premiere Proの編集ツールトップ5:チュートリアルビデオ

{鉛マグネット}}

Premiere Proのリップル編集ツールの使い方

クリップを細かく切り刻んだり、不要な隙間を作ったりするのではなく、リップル編集ツールでタイムラインをすっきりさせましょう。

Ripple Editを使用するには、ツールウィンドウをクリックするか、または B キーボードのキーを押してください。

では、実際にRipple Editはどのようなものなのでしょうか。 為さる ?

リップル編集ツールは、「波紋効果」を生み出すものと考えてください。クリップが切り取られると、タイムラインの残りの部分に波紋が広がり、他のすべてのクリップが新しいタイムライン上の位置に移動します。

具体的には、レイヤーのイン点とアウト点をトリミングし、それに続くすべてのクリップを新しいアウト点に合わせてスライドさせます。

例えば、クリップの後端から10フレームを削除すると、残りのクリップは10フレーム前に進みます。

注:ロックされているビデオ編集トラックは、Ripple Editの影響を受けません。複数のビデオトラックがある場合は、何がロックされ、何が解除されているかを必ず再確認してください。

Premiere Proでリップル削除をする方法

リップル編集ツールでは、タイムラインに隙間ができてしまうことがあります。 そこで、リップル削除の出番です。

リップル削除を行うには、2つのクリップの間の空白部分をクリックします。

これで、タイムライン上のクローゼットクリップのアウトポイントに並ぶように、クリップが自動的に移動されます。

繰り返しになりますが、Ripple Deleteの影響を受けたくないトラックは必ずロックしてください。

Premiere Proのスリップツールの使い方

クリップのインとアウトのポイントを数フレーム移動する必要がある場合、After EffectsのPan Behindツールのように、Premiere ProのSlipツールは、インとアウトのポイントを変更せずに編集を維持するように設計されています。

もちろん、このツールを使うには、インとアウトのポイントの前後の映像が必要です。

アクセスするには、ツールウィンドウのスリップツールをクリックするか、または Y マウスカーソルが矢印に変わり、縦棒を指すようになります。

クリップの挿入点と排出点の間をクリックし、左右にドラッグすると、「スリップ」が開始されます。

プログラムウィンドウには4種類のペインが表示され、2つの大きなペインの下部にはタイムコードが表示されます。

左上と右上の画像は、現在スリップしているクリップの前後のクリップで、前のクリップのアウト点と次のクリップのイン点を表しています。

下の2つの大きな画像は、現在スリップしているクリップのイン点とアウト点を表しており、クリップがどこでどのように始まり、どのように終わるかを示しています。

これらの4つのペインは、編集を数フレーム単位で調整する際に便利で、アクションに合わせたカットを作成するのに役立ちます。

Premiere Proのスライドツールの使い方

クリップの始まりと終わりには満足しているが、クリップ全体を左右に移動させたい場合は、標準の選択ツールではなく、スライドツールを使うのが最適です。

選択ツールでクリップを移動させると、移動させた方向によってクリップの前後に隙間ができてしまいますが、スライドツールを使えば、この隙間を削除する余計な手間を省くことができるのです。

スライドツールは、選択したクリップのイン点とアウト点を保持し、周囲のクリップのイン点とアウト点を動的に変化させることで機能します。

アクセスするには、「ツール」メニュー(「スリップツール」のすぐ下にあります)、または U ボタンをクリックします。

Premiere Proのローリング編集ツールの使い方

ローリング編集は、スライドツールと同様に、クリップのインとアウトのポイントを操作するために使用します。

ローリングエディットツールを使用するには、以下のボタンを押します。 N ボタンをクリックするか、ツールパネルでリップル編集ツールと一緒に表示されます。

ローリング編集は、2つのクリップのアウトポイントとインポイントが重なる部分をクリックしてドラッグすると、クリップを動かさずにインポイントとアウトポイントを更新し、一方のクリップを短く、もう一方を長くすることができます。

Premiere Proでレートストレッチツールを使う方法

レートストレッチツールを使えば、右クリックやメニューの確認なしに、クリップの速度を変更することができます。

レートストレッチツールにキーボードショートカットを装備する R または、「ツール」ウィンドウで「リップル編集」ツールと一緒に表示されます。

レートストレッチツールでクリップのイン点、アウト点をドラッグするだけで、まるでクリップの長さを変えるかのように、映像の再生速度を変更することができます。

もっと詳しく

ワークフローの効率

モーションデザインプロジェクトのワークフローをマスターするための詳細は、以下をご覧ください。 モーションデザインプロジェクト完成への道しるべ .

何から始めたらいいかわからない、プリプロダクションで行き詰まっている、モーションデザインがいつ公開されるかわからないなど、この便利なガイドは、あなたの情熱を完成したプロジェクトに注ぐお手伝いをします。

モグラフ

個人の情熱的なプロジェクトのワークフローは最適化されましたが、どのようにお金を払う仕事を獲得すればいいのかわからない? ヒーローから聞く話ほど、感動的なものはない。 .

250ページに及ぶ当社の 実験、失敗、繰り返し。 本書では、世界で最も著名なモーションデザイナー86名が、以下のような重要な質問に答えています。

  1. モーションデザインの仕事を始めたばかりの頃に知っておきたかったアドバイスはありますか?
  2. 新人モーションデザイナーが陥りがちな失敗とは?
  3. 良いモーションデザインプロジェクトと素晴らしいプロジェクトの違いは何でしょうか?
  4. モーションデザイナーにはわからない、最も便利なツールや製品、サービスなどはありますか?
  5. キャリアや考え方に影響を与えた本や映画があれば教えてください。
  6. 5年後、この業界で変わっていることは何でしょうか?

Nick Campbell (Greyscalegorilla), Ariel Costa, Lilian Darmono, Bee Grandinetti, Jenny Ko (Buck), Andrew Kramer (Video Copilot), Raoul Marks (Antibody), Sarah Beth Morgan, Erin Sarofsky (Sarofsky), Ash Thorp (ALT Creative, Inc), Mike Winkelmann (AKA Beeple) などからインサイダーのスクープを得ることができます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

チュートリアル全文掲載 👇。

ジェイク・バートレット (00:00): どうも、ジェイク・バートレットです。 このチュートリアルでは、プレミアプロを使い、私のお気に入りのツールやテクニックを紹介します。 おそらく使っていないでしょうが、時間を大幅に節約できます。 まだお持ちでない方は、School of Motionで無料の学生アカウントを作成して、私が使用するアセットをダウンロードし、それを使ってください。ついてきてください、それがあなたのしたいことなら、始めましょう

ジェイク・バートレット(00:31):さて、多くのモーションデザイナーがそうであるように、あなたはおそらく、アフターエフェクトにはさまざまなツールがあり、その多くが何をするものか分からない、この奇妙な環境に身を置くことを恐れているでしょう。 しかしそれは、他のソフトウェアと同じです。 ツールが何をするか、それをどう使えば自分の強みになるかが分かれば。 それは本当に大きな時間-です。アフターエフェクトよりも編集に適したソフトウェアです。 プレミアでは、おそらくこれがデフォルトのレイアウトです。 ワークスペースは編集と呼ばれていますが、正直言って、これは私の好きな設定方法ではありません。 これをきれいにするつもりです。 実際、私はここに自分のワークスペースを用意しています。でも、この下には必要のないものもたくさんあります。ライブラリや情報、エフェクトは必要ですが、マーカーなど、これらのパネルの多くは私がやっていることには不要なものばかりです。

ジェイク・バートレット (01:21): 自分の名前をクリックしてワークスペースに切り替えます 私はアフターエフェクトのようにセットアップしました プロジェクトマネージャーはここ、エフェクトコントロールはここ、エフェクトメニューはここです ここにあるのは慣れてるからです でもタイムラインはほぼ全体の下半分を占めていて、その中にありますワークスペースです ツール、オーディオレベル、プログラムビューア、ソースモニタはここです これが基本的なレイアウトです 必要なものだけです 他に必要なものがあればウィンドウを開き、必要なパネルを開きます とにかく、実際に作業するものに飛び込みましょう すでにシーケンスをセットアップしています そして下にあるものがそうですは、すでに音楽トラックです。

ジェイク・バートレット(02:02): これは約17秒の長さです。 このトラックのビートにマーカーを追加しました。 このため、クリップを簡単にスナップする編集キューができます。 また、この種のプロモ用のタイトルグラフィックとエンドカードがあります。 ここにいくつかの調整レイヤーがあります。カラーグレードもすでに設定済みで、このレイヤーと連携して機能します。のクリップを使用します。 それは気にしないでください。 しかし、この上の2つの調整レイヤーはフラッシュで、それが何であるかはおわかりでしょう。 実際に編集を始める前に、まずはトラックを聴いて、タイトルとエンドカードを見て、何を扱っているかを確認しましょう。 では、これを再生してみましょう。

ジェイク・バートレット (02:58):さて、これで完成です。エンドカードのところに、壮大なジョーンショットの広告を作りました。マイケル・ジェームズが、アイスランドでの自身のドローン映像を快く提供してくれて、このプロジェクトで使用できます。 このプレミアプロジェクトファイルと、私が使うビデオクリップをダウンロードできます。 ただ作るだけです。スクール・オブ・モーションの無料アカウントにサインしていることを確認し、このビデオの説明にあるリンクを辿ってください。 このクリップの使用を許可してくれたマイケル・ジェームズに大きな賞賛を送りたいと思います。 ビデオの説明に彼のウェブサイトもありますので、チェックしてみてください。 マイケル、ありがとう。 さて、私のタイムラインを少し拡大して、次のように見てみましょう。は、実際にドローンで撮影したものを見てください。

ジェイク・バートレット(03:37): ここではすでにすべての映像を順番に並べています。 基本的には単純化するためです。 既にある順番で、もう一度順番に並べて、このマーカーを使ってビートに合わせて編集します。しかし、水、川、氷の地形などの壮大なフライオーバーがあります。映像、馬、波、衝突、何もないところにある墜落した飛行機など 壮大なショットがあります さっき言ったように、これらのクリップはすでに用意されています 少しだけ色調補正をして、より良くまとめています でも、そんなことは気にする必要はありません この時間節約ツールに集中しましょうまずは、これらのクリップを1つずつ並べてみましょう。

ジェイク・バートレット(04:23): あー、明らかにこれらのクリップの一つ一つは、シーケンスに収めるにはかなり長いです。 ですから、たくさんのトリミングをする必要があります。 もしあなたがプレミアをあまりよく知らないなら、あー、もしあなたがそれを使うだけなら、おそらくほとんどの編集はこのようにやっているでしょう。 キーボードのプラスキーを押してズームインしてから、ツールに移動して、[...]をつかみましょう。カミソリツールを使って、これを掴んで、始めたい場所を見つけます。 例えば、このフレームをここでカットします。 そして、少し前進して、例えば、このあたりでもう一度カットして、選択ツールに切り替え、クリップを掴んで戻します。 そして、少し拡大して、少し拡大して、そこからこれを所定の位置に移動させるだけです。

ジェイク・バートレット (05:05): おそらくこのクリップの残りを削除して、次のクリップに移り、このプロセスを何度も繰り返すのでしょうが、元に戻してみましょう。 あの、この編集をする前に戻してください。 この方法で編集することは本質的に間違っていませんが、実はこのテクニックには、このクリップに必要なステップよりも多くのステップがあるんですよ。最初のツールはリップル編集ツールで、ツールバーの編集線方向に矢印があります。 これはリップル編集ツールで、キーボードのBがショートカットで、この働きは選択ツールと同じです。 端を掴んでクリック&ドラッグして編集点を変更することができます。

ジェイク・バートレット (05:44): たとえば、川の小さな腕が出てくるあたりを見てみましょう。 フレームの根元で、ここから始めたいのです。 このポイントをクリックしてドラッグしてから放すと、クリップは動いていないように見えますが、その後のすべてが動いています。 実際に起こったことは、そのポイントまでレイヤーをトリミングし、その後すべてを移動させたのです。で、その編集ポイントは保存されました。 もう一度元に戻してお見せしましょう。 これをクリックしてドラッグすると、編集ポイントはこのあたりに移動します。 そしてすぐに離すと、その後のすべてが左に移動して、クリップインポイントは元の位置に保たれます。 編集が行われた時点を変更しただけなのです。

ジェイク・バートレット (06:28): 同じことをクリップの反対側でもできます。 少しズームアウトして、タイムラインにあるものをもっと見てみましょう。 編集ポイントをつかむと、矢印は左を指しています。 つまり、ここでクリップを編集することになります。 クリックしてドラッグして、この辺りでクリップを終わらせるポイントを見つければ、特に問題にはなりません。しかし、マウスがある場所の右側にあるクリップのこの部分全体を削除します。 私が手を離すと、その後にあるすべてのクリップも左に移動します。これはすべてのトラックにわたって機能します。 つまり、タイムラインの一番上にもっとクリップや情報があれば、それに合わせて移動します。このクリップを2トラック上に移動し、このクリップを1トラック上に移動したら、Bボタンを押して次のトラックに切り替えます。のリップル、編集ツールをもう一度使って、今度はこのクリップを伸ばします。

ジェイク・バートレット (07:11): そのクリップを伸ばしたのと同じ距離だけ、その先のすべてを移動させます。 タイムライン上のその地点から先のすべてに波及するので、リップル編集と呼ばれています。 では、元に戻して、すべてのクリップが同じトラックにあるところまで戻ってみましょう。 そこで、選択ツールに切り替えます。キーボードのVと同じで、リップル編集と同じです。Adobeのアプリケーションのほとんどで、クリックとドラッグでクリップを戻します スナップは有効にしてあります ここにある、タイムラインのスナップというキーボードショートカットでオン・オフできます それで、タイムラインのマーカーや他のポイントにスナップできるのです このマーカーで編集の前まで戻しましょう そしてズームしてみましょうをクリックすると、スクロールバーが表示されます。

ジェイク・バートレット(07:54): このクリップがよく見えるようになりました。 そして、選択ツールでこのマーカーに合わせてトリミングします。 そうすると、スナップしたときにハイライトされます。 そうすると、クリップが音楽の部分とぴったり合うことがわかります。リップル編集や他の編集ツールは、編集した後のすべてに影響を与えるからです。の作業中、タイムライン上のすべてのものが、カラーグレード調整レイヤーや、正確に配置したいタイトルクリップなどの問題を引き起こす可能性があります。 そこで、タイトルクリップの位置を気にする手間を省くために、タイトルとエンドカードの両方をつかんで、1つのトラックレイヤーにドラッグし、そのトラックを右側のロックアイコンをクリックする。

ジェイク・バートレット (08:37): これで、リップル編集などの影響を受けなくなります 完全にロックされます このトラックにも同じことをします これが何であるか、お見せしましょう この調整レイヤーは小さな白い閃光を放つだけです それだけです あの、クリップがあるよりも、ちょっとした移行を与えるだけなんですがねそこでハードな編集をします。 2、3フレームほどフラッシュを使用しますが、ロックする前にそれを有効にしてください。 これで移行が少し良くなります。 では最初のクリップを見てみましょう。

ジェイク・バートレット (09:12): いいですね では次のクリップに移りましょう ここでズームアウトしてタイムラインの下に移動して 少し作業することもできますが、私はこの隙間を埋めたいのです そこでやはりこの空いている場所をクリックします これが次のちょっとしたヒントです リップル削除と呼ばれます 文字通りやることはそれだけですを選択し、削除を押すと、そのトラックのすべてが後方に移動します。 音楽トラックをロックします。 つまり、ドローン映像以外は何も操作されません。 次のショットはここで作業できます。 さて、これらのマーカーは音楽のビートに合わせて設定したと言いました。 音楽について何も知らない人は、基本的に手拍子を打つことです。は、曲のビートに合わせて手を動かします。

ジェイク・バートレット (09:52): 1小節に4つの拍があります 意味が分からなくても問題ありません ざっと数えてみましょう 1, 2, 3, 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 それぞれにマーカーを付けました これがこの曲の構成です 音楽、特にストックミュージックにはよくある形式です あー でも4つありますよね?通常、編集はこれらの拍でうまくいきますが、この曲の場合、最初のクリップをもう一度聴いてみましょう。スクラバーが右に行くとき、音楽がヒットしていますね。 これを1拍後ろにずらすと、編集はうまくいくと思います。 4拍ではなく、3拍に。 では、リップル編集ツールを使って、4拍の上にある、「Select」ボタンをクリックしましょう。キーボードでこのクリップをつかみます。 ビートを探します。キーボードで拡大し、スクラッチして、ビートを探します。

ジェイク・バートレット(11:07): クール 次のショットでは、実はもう少し速くカットしたいと思います。 このクリップを2拍子にして、次のクリップを持ってきます。 ここでもう一度、2拍目の音を聞いてみましょう。このビートには、この小さな音があるところと同じ音があります。 次の編集は、これを使います。リップル編集でこれを戻す OK、クール 次の小さな音は、そのビートの上にあります。 それも編集しています。 残りの部分をリップル編集して戻します。

ジェイク・バートレット(11:53):そして

ジェイク・バートレット(11:53):次に、馬が走る壮大なショットがあります。 これはもう少し時間をかけて、この小節の4拍すべてを使うつもりです。 このマーカーに戻るようにリップル、編集します。

ジェイク・バートレット (12:13): 同じことです。 このクリップをリップル編集して、そのビート全体に戻します。 この時点から、曲は、少なくともその構造については、鏡のように繰り返されます。 では、続きを聞いてみましょう。

ジェイク・バートレット (12:32): わかりました この編集の前半と構成は非常に似ています だから編集でも非常に似た選択をします 後半の最初のクリップは同じ3拍子で行います 3拍子進み、ちょうどそのドキドキのところで、次のクリップにリップルして編集し、確実に次のショットはここだ このクランプがあるところだ このショットは短くする このビート全体を編集する プレイヘッドではなくマーカーだ

ジェイク・バートレット(13:26): これが最後のショットになります。 この後、もうクリップはありません。 すべてを収めるために、この時点まで切り詰めます。 これが私の残したものです。 さて、スラッシュボタンを押してタイムラインをビューに合わせます。 これですべてのクリップが配置されました。 選択ツールに切り換えてみましょう。キーボードのVを押して、このまま全体を見ます。このパネルにカーソルを合わせて、キーボードのTildaキー、エスケープの1つ下のキーの隣にある小さな四角い線、キーを押して再生を押すと、最大化されます。

ジェイク・バートレット(14分12秒)。

かなり壮大ですね このタイミングは素晴らしいと思います 音楽も編集されています 私は非常に同期していますし すばやい編集だと思います しかしいくつかのクリップの選択については もう少しうまくやれると思います この馬のショットから始めましょう このクリップはどれもちょうどソース映像です 後にもっと面白いものがあるかもしれません クリップはどれも長いです 次に説明するのはスリップツールとスライドツールです これらはカミソリの下にあります スリップツールとスライドツールがあります スリップツールは操作するクリップのイン点とアウト点を残します。が、そのインとアウトのポイントで映像をスライドさせるのです。

ジェイク・バートレット(14分56秒)。

これは、パンビハインドやアンカーポイントツールを使って、アフターエフェクトでレイヤーコンテンツをタイムライン上でスライドさせるのとまったく同じです。 このクリップをクリックしてドラッグすると、何も動いていませんが、このタイムコードインジケータが表示され、クリップが元の位置からどのくらい移動したかがわかります。 右上のプログラムモニタを見ると、次のようなことがわかります。は、イン点とアウト点を見てください。 そのイン点とアウト点のフレームです。 たとえば、この馬を映像の冒頭でもっと中心になるようにフレーミングしたいとします。 カメラにそれほど近づいてはいませんが、もっと面白い開始点を選ぶとしたらこのあたりでしょう。 背景の山の頂上がフレームに入っている率です。

ジェイク・バートレット(15分37秒)。

右側がアウトポイントです。 マウスを離したときにカメラがどこに来るかがわかります。 クリックしてドラッグして、たとえばこのあたりをクリックします。 これでクリップの位置は変わりません。 コンテンツは編集ポイントの中で滑っているだけです。 これを再生すると、残りの編集を変更せずに馬をよく見ることができます。 これが、スリップツールです。では、他のクリップをいくつか選んで、同様にインとアウトのポイントを変えてみましょう。 例えば、これは、左側のまぶしさの直前から始めて、終点で、山の向こうに太陽が顔を出しているのが見えます。 気に入りました。では、その直前から始めてみましょう。

ジェイク・バートレット(16:21):太陽が顔を出しているところです。 もう少しずらすと、すぐに始まります。 とてもクールです。 この映像にもっと面白いものがあるか見てみましょう。 正直、この映像全体は素晴らしいです。 この小さなクリーク床を飛んでいるだけです。 でも、この岩が通過するところかもしれませんね。右側のカメラの近くだ そこにアウトポイントを置いて、さあ行こう 馬が来たぞ このショットはかなりクールだ スローモーションだと思う この辺りで少し前進してみようか? 波が岩にぶつかるところだ そこで波が割れ始める前に始めて、次のショットに行くんだ これはおそらく他のクリップについては、もう少し後で考えましょう。

ジェイク・バートレット (17:13): あー、次のツールに移りましょう。スライドツールです。 スリップツールのすぐ下でクリック&ホールドすると、スライドツールになります。 これは少し違った動作をします。編集中の映像やクリップの内容を移動して編集点を導く代わりに、その編集点の間にあるものを保存するのです。をスライドさせ、タイムライン上で編集します。 このクリップをクリックしてドラッグすると、イン点とアウト点が移動し、クリップの内容が維持されているのがわかります。 このクリップを戻して終点をこのマーカーにしたい場合は、そうします。 離してみます。 周りのクリップのイン点とアウト点が移動して、この編集が1つで可能になりました。ツールを使用します。

ジェイク・バートレット(17:56): 元に戻して選択範囲を使用すると、前のクリップを上書きするためにこのクリップを戻し、こっちに来てこれをドラッグしなければなりませんでした。 必要以上の作業です。 もう一度元に戻して、スライドツールでクリップをつかみ、元に戻すと、他のすべてが処理され再生できます。 さあ、どうぞ。 今は、まだ実際にそうしたいので、元に戻します。 スライドツールとスライドツールです。 スライドツールに似たものにローリング編集ツールがあります。 これはリップル編集ツールの下にあります。 このツールを選択すると、これは編集点に対してのみ機能します。 このツールは、編集点の両側のクリップの編集点を移動させるだけです。

ジェイク・バートレット (18:38): これを移動させても クリップの内容は全く変わりません 文字通り 2つのクリップの編集点を移動させただけです これもまた時間節約のツールです 選択ツールを使おうとすると 1つのクリップの編集点を移動させて 次のクリップの編集点を移動しなければなりません 時間を節約するためです これを元に戻してみましょう OKです それではこのクリップに移りましょう このクリップには別の意図があると言いました このクリップをダブルクリックして ソースモニターで見てみると 最初の数秒だけを使っていることがわかります 実際は1分以上のクリップで 飛行機の周りをずっときれいにパンしています さて このショット全体を使いたいのですが この中ではこの2つの編集ポイントの間に、クリップの全時間幅が必要です。

ジェイク・バートレット (19:25): タイムリマッピングでできます さて、次の2つの方法がよくわからないという方のために、クリップを上に持ってきて、これをずっと伸ばす方法についてお話します。 クリップの長さを全部使います。 これをずっと伸ばして、右クリックして、速度スラッシュ持続時間に移動し、速度を次のように変更します。500% のような高い値を設定すると、2 秒間、4 フレームとなりますが、これは推測に過ぎません。 本当に必要なのは、この 2 点間の持続時間です。 そこで、これをキャンセルして、このギャップの開始点にあるポイントを設定し、ここを押して、アウトポイントにできます。1秒、4フレーム、そしてスピードに戻り、これを1秒、4フレームに変更することができます。

ジェイク・バートレット (20:15): これでクリップは正しい長さになりました しかし、もっとずっと簡単な方法があります この方法では、タイミングを全く確認することなく、インとアウトをクリアできます それはレートストレッチツールを使うことです リップル編集ツールの下、ここにもレートストレッチツールがあります これを使うと、クリップの速度を文字通り変えることができますクリップの長さを編集するように、アウトポイントをクリック&ドラッグして、終了したいポイントまで戻すと、クリップ全体がその時間枠内で再生されます。 このクリップを下に移動して、今度はこれを再生します。

ジェイク・バートレット(20:55): はい、これです ちょっと戻しすぎたようです 1つだけ死んだフレームがあります レートのストレッチツールをもう一度クリックして、それを取り出してみます ほら、このクリップの速度が自動的に更新されました ほら、これでクリップの全時間を見ることができます 時間枠内で計算も必要ありませんねイン点とアウト点を設定するのはとても簡単です 次のクリップでも似たようなことをしたいと思います えっと もう一度言いますが ソースモニターを見ると イン点とアウト点で設定した以上のクリップがあるのがわかります そこでこのクリップを高速再生して 通常の速度にします そこで必要なことは もう一度言いますが このクリップをを少し広げてみてください。

ジェイク・バートレット(21:39): えーと、ズームアウトして、もう少し余裕を持たせて、このクリップをかなり遠くに伸ばしてみましょう。 おそらく全部は必要ないでしょうが、速い動きから普通の動きにしたいところを探してみましょう。 おそらくこのあたり、地平線が見えるところで、そこで編集するつもりです。 そして自分のカミソリツールを使わない手はありませんね。 では、レートストレッチツールを使って、速い動きを止めたいポイントを探します。 ここでもう一度ズームインして、曲を聴いてみましょう。

ジェイク・バートレット(22:15): 実際、私はそこにビートレートのマーカーを使うつもりです。 そこで速い動きを止めたいのです。レートストレッチツールで、この点をつかんで戻します。 ここでカミソリを切ったので、このクリップの終わりはこのクリップの始まりにまっすぐ入ることがわかります。 そこで選択ツールを使って、この点を元に戻します。を戻し、このクリップのアウトポイントをトリミングして残りのギャップを埋め、2つのクリップを戻します。 これでシームレスに再生されます。 非常にクールです。 開始が速く、その後通常の動きになります。 さて、次のクリップも同じです。 かなり遅いですが、非常にダイナミックなカメラの動きです。 これをトラックレート高くして、すべてを速くするつもりです。を引き伸ばすと、その編集点の隙間全体にフィットします。 しかし、今はクリップ全体がその時間枠の中にあります。

ジェイク・バートレット (23:12): その方がダイナミックなカメラの動きになります。 さて、最後のクリップですが、飛行機のショットと全く同じことをしてみましょう。 最初は速く、それから少し遅くなります。 ちょうどこのあたりで、通常の動きにしたいですね。 そこで、カミソリツールでカットします。 もう1度、速い動きにしたいポイントを見つけます。を停止します。 おそらく、この右側のヒットで、レートをつかみ、ストレッチツールを使って、これを戻し、2番目のクリップを選択して戻し、私の編集に合わせてアウトポイントをトリミングします。 今これを下げて、フォードのスラッシュQIに合うようにズームインして、再生します。 完璧です。 この全体を再生して、最終的にどうなったか確認してみましょう。

ジェイク・バートレット(24:19):以上、Premiereのお気に入りのツールのうち、多くの人がその可能性を十分に活用していないと思われるものを簡単に紹介しました。 自分のデモリールをカットするような簡単なものであれ、実際に編集が必要なクライアントワークであれ、そこから何かを得て自分の編集プロジェクトに応用できることを期待しています。実際には、剃刀ツールや選択ツールで物を移動させるのではなく、他のツールを使うことでクリック数を節約しています。 プレミアの中で丸1日かけて行う作業に、何クリック入れるかが重要です。 これらのツールをうまく使えば、多くの時間を節約できます。 ご視聴ありがとうございました。 もし、この番組を楽しんでいただけたならまた、無料の学生アカウントに登録すると、このチュートリアルの資産だけでなく、豊富な情報や貴重なリソースにアクセスできます。 ご視聴ありがとうございました。 また、次回お会いしましょう。

トップへスクロール